レビュー

障害者の生活

気分31 障害者オタクのこだわり 最終回をみると終わってしまう

基本的気分31 アニメは最終回をみると「終わってしまう」 前回分気分30 障害者オタクのこだわり 自分の経験値が上るゲームが好き まあアニメは好きだけど、どう好きか?の話 アニメは好きだ。まあ言わずもがなの話でもあるが、本当に好きなアニメというのは話の面白さもさることながら、キャラクターが生き生きとしていて、共感できるし、本当に生活感があるものだ。 昔、サンライズのロボットアニメで「絶対無敵ライジンオー」というのがあった。あとでスーパーロボット大戦などで「エルドランシリーズ」などと分類されるシリーズの第一作だ。 主人公たちはみんな小学5年生。ひょんなことからクラス全員で「地球防衛組」を結成して、異次元の敵と戦うというアニメだ。見どころは色々あるが、校舎からの発進シーンはあとにもさきにもないくらいのインパクトがあった。 教室は学習椅子机ごと司令室に変形、校舎、プール、運動場からもメカが発進。搭乗する小学生たちも意外なところから搭乗する、たとえば昔の教室なら必ずあった掃除道具入れロッカーとか。。。 ロボットも基本を押さえたカッコよさで、実に決まっていた。 ...
レビュー

刀使ノ巫女見終わる 語れる作品だが 周りに見ている人が 1

刀使ノ巫女を見終わる 周りの人が誰も見ていない刀使ノ巫女について その1 夫婦の憩い。。それは娘が寝たあとのアニメ、ゲーム 娘が寝た後ママとゲームをやったり、アニメを見るのは、夫婦の憩い以上の意味がある。 もはやリハビリだ。ママを孤独から解放し、一緒に同じものをみて共感する。 本当はこの時間を細切れにして、二人で勉強っぽいことであるとかもしてみたい。 でもそれは、あるていどこれが進んで本人が自発的にやりたい話をするまでは、とにかく一緒に遊んで ガス抜きをしようと思っている。 最近dアニメストアで配信している 「刀使(とじ)ノ巫女」 夫婦で見終わった。 最初私が解説をしながら 見ていたのだが途中から結構ママも面白くなったらしい。 刀使ノ巫女はハードルが高い。 友人が見ているというので見始めた刀使ノ巫女だが、ざっくり説明すると女子高生が日本刀で切りあう アクションものだ。 うわあ、これは身もふたなまとめ。 最近変身しないで学生服で戦うアニメがいくつかある。自分のしっているものだと最近連載が再開した「ワールドトリガー」 これは架空のエネルギー、トリオンを使って代...
レビュー

刀使ノ巫女レビュー続き 古来の神々なのにAI問題とりこむ 2 

刀使ノ巫女レビュー1のつづき  前回分→刀使ノ巫女見終わる 語れる作品だが 周りに見ている人が 1 設定がわかってくると。。。格段に面白い 前段でこの刀使たちの敵たる荒魂の話をしたが、この荒魂の設定がわかってくると非常に面白い。 荒魂を形成しているノロは 御刀を製錬するときに出る不純物である。 これがあつまると荒魂になって、人間に災いを起こすのだが、もとはといえば、人間が御刀を作らなければ、ノロは荒魂は生み出されなかったという、 いわば人間の都合で生み出された公害(すこしちがう気がするが。。。人間のエゴがなければ発生しなかったというのはほぼ間違いない)のような存在である。 御刀から切り離されたことで、喪失感や寂しさを基本感情としてもっている荒魂は、人間に対して攻撃的であり、またその寂しさから人間との融合、人間体化を試みる。 またたくさんノロがあつまった大荒魂は高度な知性を持ち、あらゆる可能性を予測した結果、未來視も 獲得していく。 この辺は昔なら超自然の力、魔力みたいなもので片づけられそうだし、敵が昆虫動物の類からだんだん進化して人っぽくなるような...
レビュー

刀使ノ巫女レビュー キャラも制服も可愛い 和風の色使い注目 3

刀使ノ巫女つづき キャラクターが可愛い  前回分→刀使ノ巫女レビュー続き 古来の神々なのにAI問題とりこむ 2  刀使ノ巫女はいわゆるハーレムアニメよりは バトルものではあるが、ほぼほぼ男性がでてこない。そういうところではかつての「けいおん!」的である。 女の子同士の友情はあるが、男性を挟んだ色恋沙汰は出てこない。 キャラクターの説明を一つ一つしていくと熱血系、金髪巨乳系、おっとり系、お姉さん系、まあ今日び そういう取り合わせは普通だが、 自分が見る特色は、学校制服の色使いだ。 御刀を持つ刀使たちを 要請する学校は全国で5校あって、五箇伝と呼ばれているのだが、それぞれの制服が、 今風のデザインではあるけれど、色使いが和風というか、多少抑えめでとてもそれっぽい。 巫女服そのものはほぼ祭事の時しかでないのだが、制服スカートの裾が紐で止まっていたり、 なんというかよくできている。 主人公たちの成長物語ではあるけれど、みんながそれぞれ一話ごとにレベルアップするとか、 そういうかつての聖闘士星矢的な展開はない。チームとしてはそれぞれがその特性を補い合っていると いうのが今風だ...
レビュー

刀使ノ巫女4 謎展開だけど楽しい作品 舞台化? キャラが生き生き

刀使ノ巫女つづき4  刀使ノ巫女見終わる 語れる作品だが 周りに見ている人が 1 刀使ノ巫女レビュー続き 古来の神々なのにAI問題とりこむ 2  刀使ノ巫女レビュー キャラも制服も可愛い 和風の色使い注目 3 いろいろな謎展開 舞台化とか 刀使ノ巫女のアニメには色々不思議な点がある。 第一話からいきなり大事件が起こってしまうのだ。 普通、こういう話って、例えば刀使はこういう仕事で~すみたいな展開が何話かつづいたり、ときどき ギャグ回水着回なんかも挟んでその世界観になれたところで、その世界を揺るがすような危機だか事件だかが 起こるものだと思うのだが、刀使ノ巫女はそうじゃない。 いきなり第一話御前試合の決勝で事件が起こり、主人公が犯人の女の子と一緒に逃亡劇を 始めてしまうのだ。 ???だ。 逃げる主人公たち、追う刀使たち。。。その中で事件の真相、そしてこの刀使ノ巫女の世界観や 荒魂を大量発生させている根本的事件について語られていくのだが、なんにせよ説明が少なくて 視聴者置いてけぼりだ。 正直ゲームをやっている自分ですら、この展開にはかなり我慢...
タイトルとURLをコピーしました