障害者でもできた?気持ちを楽にするダイエット。「運動なし」でモチベUP!(編集中)

アクセスが多いダイエットの記事をまとめました。ダイエットは障害をもつ者同士の火の粉をはらうような生活の中ではほんの一部分のつもり。。。でしたが、

人に言われるのがお互い大嫌い

意思が弱く、何をやっても続かない

障害者夫婦がひねりだしたダイエット。

落としどころとしては、結構ノウハウが固まっているように思えてきました。

レシピを真似してもらってもいいし、記事を読み込んでもらって「他人や自分を追い込まない」方向性を感じてもらえたら幸いです。

障害者ダイエット接触編!それは楽園の扉か?パンドラの箱か?

気分20 障害者ダイエット運動せず食べるものだけで成功体験を積む

気分20-2 障害者ダイエット 準備に負担のないメニュー作り

気分20-3 障害者のダイエット続き。三週間で6.5キロ落ちた

障害者はこだわりがあるから、たとえばダイエットがしたいって言ったって、スムーズに生活環境を変えるのも大変。モチベも維持しずらい。

極端な急ハンドルを切らず、少しづつ違和感のない変更で、ダイエットの線路にのる心境を重点的に書きました。

ダイエット発動編!!プロテインも飲むし、運動も始められた!でももっと大事なのは○○?

障害者の無理ない楽なダイエット方法なんてあるの?。カロリーではなく精神負担を極力カットだ!!1

障害者の無理ない楽なダイエット方法なんてあるの?。カロリーではなく精神負担を極力カットだ!! その2 大根はちみつヨーグルトに手を出す

障害者の無理ない楽なダイエット方法なんてあるの?。その3 プロティン導入!?

障害者の無理ない楽なダイエット方法なんてあるの?。その4 ゲーム機WiiFit(ウィーフィット)導入だ

いま連載中、進行中、のダイエット体験本編。

意思がある人は極端なダイエットでぐいぐいやればいいし、お金があるならいいジムでコミットしてもらえばいい。

しかし、うちの場合は気持ちがもろく、ショック受けやすい、経済状況も悪く、生活の変化に弱い障害者家庭。でもパートナーを痩せさせたいって方結構いるのではとも思われて、いわゆる「水を飲む気のない馬」にどうやって水を飲ませるか的なところが多めです。

自分自身だって人に言われるのは大嫌い、自然な流れの中、体から発する声まで誘導していく勢いですすめた結果、

人にいわれても絶対やらないメニューを食べ、運動をはじめられたので、自分もびっくりです。

発想のベースになった、「必殺技封じ」とは?

子育てでうつ。対処法は?いまある支援ノウハウは皮肉なことにすべての「必殺技」を封印するところから生まれた。なんで?

極端な行動が好きだった。例えばダイエットでいえば2週間ゆで卵食べ続けるとか、

1日一食しか食べない単食ダイエットとか、そういう発想しかなかった。

いたずらに結果を求めず、過程を大切に積み上げる。失敗しても想定内、ノウハウの蓄積を信じてゆるゆると前進できるのは、

「今までの生き方を否定してくれた家族のおかげ」

われながら驚きしかないが、ここをどうしようもなく強調しないわけにいかないのです。

 

ダイエットの進捗で、追加していきます(^^)

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました