障害者オタク 久々のスタジオ入りのつづき 声を録音してもらう!2

障害者オタク 久々のスタジオ入りのつづき 2

 

思いがけず実現したスタジオ見学。。。 スタジオ入りして、スタッフの皆さんに挨拶。

ゲームか何かの制作会社でスタジオを持っているらしく 今どきのおしゃれなお部屋だ。

連れてきてもらった人に内容を聞いてみる。「いやあ、自分もまだ何か月かってとこなんだけど、 いつもは2週間前に朗読のお題がでてるんだけど、今回はなにもないんだよね。。。

どうやら、朗読を中心にしたラジオ番組らしいのだけど、今回はお題がでてないとか。。

不思議に思いながらも、収録が押しているので待合室で待つことにする。

すると、連れてきた人もあったことがないう別のプロデューサーがやってきた。

「今日は異性がドキドキする萌えボイスを録音します!!」

なんでも、YouTubeでチャンネルを立ち上げるので、そこでつかうボイスを録音させてくれ、 というのだ。

「事務所NGの人はいませんね?(事務所によっては、こういう番組でないフリーな活動を 制限しているところもある。うるさいのだ)じゃあ、録音しますよー」

断る理由がなさすぎる

 

さて、見学ということで来ていた自分だが、こちらにはやりたい人は誰でも、という風なので 一も二もなくエントリーさせてもらった。 千載一遇、退く理由がない。

男女それぞれのセリフが渡された。 キュー出しに合わせて一拍あけてから1種類目のセリフを読む。そこから二拍あけてもう一種類の セリフを読むという段取りだ。

あることを考えて、一つだけ質問をしてみた。「いきなり叫んだりするようなのでもいいんですか?」

愛の言葉を叫んでみた。

質問は口実!取り合えず叫んでみたかったのだ。

スタジオので発声、快感すぎる! 

この項つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました