気分30 障害者オタクのこだわり 自分の経験値が上るゲームが好き

基本的気分30 障害者オタクのこだわり 自分の経験値があがるゲームが好き

前回分気分29 失敗は貴重。 死なない程度にかすり傷を負うしかない。

障害者オタクのこだわりとかを色々書いてみるか

ゲーム好きなわけだが、特に好きなのは「自分の経験値があがる」ゲームだ

なんのこと?と思われるかもしれない。

ゲーム自体は淡白で、とっつきずらいがそこを押し込んでひたすらやりこんでいくと、攻略パターンが見えたり、オリジナルの必殺技(必勝パターン)が編み出せたりするようなゲームだ。

ゲームのキャラはさして強くならないが、自分の経験値が上がったので
クリアできるようになる、という具合だ。

「ロードオブソード」で開眼!?

その昔、ゲーム雑誌のライターだったころ、セガマークⅢで「ロードオブソード」というゲームがあった。

※その昔、セガはゲーム機を作っていたのです。わざわざしらべなくていいですよ。

このゲーム、記憶では二人のライターからキャンセルされて、自分のところに回ってきたのだ。

他の原稿で忙しすぎてできなかったのか、ゲームそのものが一見「クソゲー」ぽっくて投げたのか定かではないし、そんなことは重要ではない。

自分にはこのゲームはとても魅力的に映った。「なんとしても攻略してやる!!」

ビデオに撮って敵の動きを解析し、死にながら敵の動きを覚えた。剣の動作をキャンセルする
必殺技も偶然発見した。そしてついに攻略したのであった。。。

今は再評価される向きもあるこのゲーム。当時はこれをクリアしたことによって
「クソゲー博士」の称号をほしいままにしたものであった。

それ以来「キャプテンシルバー」とか、主人公にあまりパワーアップがない種類の
アクションゲームをいろいろクリアした。メガドライブの「アリシアドラグーン」なんかも好きだったな。

まあ、好みが偏っているといえばそれまでだが、

気が付くと人のやらないゲームをよくやっていた。

モンスターハンターもやればきっとハマるはずなのだが、奥さんが3D酔いするという理由で
手を付けていない。

この項目つづく。気分30-2 障害者オタク 昔から変な子だった インド人の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする