ハック1 人に言われたくない ー障害者の感情コントロール

「基本的気分」というタイトルで書き続けていたものを「障害者のライフハック」として書き直してます。

ここでは、とにかく、人に言われたくない自分のこだわり、性分を紐解いています。HOWTO本が読めない、自分を変えたくない、なんてことあなたはありませんか?

基本的に、現状の自分を強烈に肯定しつつ、さらなる助け、落としどころを見つける旅はここから始まりました。

自分に向かい合うのは結構。でも無理なら、目をそらしてね?と言いたいのです。

 

 

人にとやかく言われたくないよね

何かあるごとに考えが浮かんでくる、基本的な気分について書いていこうと思う。

人に何か言われるのは好きではない。これは大多数の人がそうかもしれない。

自分の場合、さらに自己啓発本とか、 HOWTO本も苦手になった。たとえば、某かたずけの魔法本も、自分で買ってフムフムと読み進めたていたが、途中で どうにも読めなくなった。

かたずけのHOWTOはまだいいんだけど、やんわりと考え方を変えさせるなにか。。 「このままだと自分を変えられてしまう」という危機感が自分に本を閉じさせた。

そんなに押しつけがましい 感じはなかったのだけど。。 という感じなので、それほど頑固を気取っているわけではないけど、人からとやかく言われるのはダメだし、 「考え方を変えられそうな」本も苦手。

でも、テレビやネットで例えばなにかお役立ち情報やダイエットだとか見ないわけじゃないし、 そうかそうかライフスタイルに合ったものを取捨選択しているんだな。

怒られたわけでもないのに

あと人に言われると、怒られたわけでもないのに非常に落ち込むようになった。良かれと思っていわれていうことでも 勝手に傷ついてしまう。本当にメンタルが弱くなった。

これのせいで、人に話をするときは何か指図している物言いになっていないかとか非常におっかなびっくりに なってしまった。簡単なことでも非常に前置きが長くなったり。。聞くほうもまどろっこしいいと思うんだよね。

(この項つづく)気分2「どうしようもなくしかたなく」障害者の気分コントロールとは

コメント

タイトルとURLをコピーしました