「トクサツガガガ」でも取り上げられた「全サ」DVDテレビくんもテレビマガジンも戦法を変えてきた話

前回分→てれびくん「ほんものおもちゃ」そして全員サービスのDVDの内容とは?

てれびくんVSテレビマガジンの全員サービスの戦い!!

 

「トクサツガガガ」でも取り上げられた、てれびくん、テレビマガジンが提供する「全サ」応募者全員サービスのオリジナルDVD。

てれびくんが仮面ライダー、テレビマガジンがスーパー戦隊と棲み分けをしながら例年制作をしている状況、ところが数年間からちょっとスタイルが変わってきた。

テレビマガジンが特命戦隊ゴーバスターズから応募者全員サービスを止めて、なんと普通の付録に付けてきた。ただですよ、奥さん!!て感じ。

内容も応募者全員時代とくらべて申し分のない出来(この時はギャバンまでつっこんできた!)。

とにかく本誌を購入した人が全員見られるのはうれしいところだが、過当競争の結果なのか。老舗雑誌の体力を見せつけようとしているのか、いろいろ気になる。

てれびくんも負けちゃいないとばかり・・

 


テレビマガジンが普通の付録に付けたのに驚いていたら、てれびくんも対抗して新しいスタイルに。。。

てれびくんは、というと、仮面ライダードライブでは劇場版と連動した通常付録DVDをつけてきた。

※このとき劇場版映画でも入場者には0話DVDが配布され、そのDVDとも内容がリンクしているという。。。凝りすぎっぷりに脱帽するが、

ところがこれは前座(笑)みたいなもので、応募者全員サービスは別途制作するという。

仮面ライダーの方が年齢層が高いから、有料DVDも継続しているのか。。。この時はシリーズ終了ごろ、さらに2枚目のオリジナルドラマを全サで提供したので驚いたものだ。

「全サ」のよくできた、えぐーい商売

応募者全員サービスのオリジナルDVDでよくあるのが前月号の付録「ほんものおもちゃ」が登場するストーリーになっていること。

「ほんものおもちゃ」を付録につけておいて、このアイテムがオリジナルDVDで大活躍!と、毎月ちゃんと買っていると数倍楽しめるという仕様だ。

例えば仮面ライダーフォーゼのDVDを例にとると、全サの告知の先々月号で「ほんものおもちゃ」オリジナルのアストロスイッチ(ベルトにつけるおもちゃ)の付録をつける→

先月号でアストロスイッチの解説をする短編ストーリーの付録DVD(これ自体もそれなりによくできている。福士蒼汰が楽しそうにてれびくんを読みふけっているとか、今となってはレアなシーン満載なのだ)そして、応募者全員サービスの予告→

その次の号でいよいよ応募者全員サービスの告知!!という段取り。確信犯すぎる。でも、これは好きな人は買ってしまうはずだわ。

そして本編では「ほんものおもちゃ」でフォーゼがテレビでは見られないオリジナルフォームに変身!(それだけでなく、先輩ライダーアマゾンとの友情が感動的に描かれるのだ)といった具合。

これでは、知らない人が雑誌の表紙をみて(あ?見たこともないライダーだ!と)びっくりして思わず手に取ってしまうのも無理もない。ああ沼の恐ろしさ。

※娘もこれのおかげでアマゾン先輩が大好きになりました(^^)

この項目続く

大人も手をだす!「ほんものおもちゃ」 てれびくん テレビマガジン

てれびくん「ほんものおもちゃ」そして全員サービスのDVDの内容とは?

気分47差別という点では、障害者もオタクも同じと今頃気づくとは!

気分38オタク1966年は最高かもしれないが1960年は恐ろしい

コメント

タイトルとURLをコピーしました